業者活用のメリット

HDDコピーを行う環境にはHDDはもちろんの事、それを接続するケーブルと専用ソフトが必要です。環境が整っていれば当然自身で費用もかけずにHDDコピーする事が可能ですが、環境が整っていない方にとっては困難なものとなります。このような場合には、HDDコピーを行ってくれる専門業者へ依頼する手段があります。専門業者では、SATAやIDEなどの接続に対応できるため、古くなったパソコンのHDDコピーも可能とします。過去から溜まり積もった大切なデータを失いたくない場合には最適なサービス利用となります。また、個人情報の取扱いは信頼問題となりますが、仕事における企業データの依頼も可能であり、膨大な容量の効率的なHDDコピーはもちろんの事、迅速な対応も可能となります。

HDDコピーを専門業者へ依頼する場合、そのほとんどがHDDの容量によって価格が決定される傾向にあります。一般的に多く利用されているHDDの容量は500から600ギガバイトとなっています。500ギガにおけるHDDコピーの平均価格は15000円前後となっています。この費用は500ギガバイトのHDDを購入するよりも5000円ほど高額な価格であり、他の容量も同様の割合の価格帯と考えても良いものとなります。HDD容量以外に、インターフェイスによっても価格が異なる傾向にあります。最近集中となっているのはSATA接続によるもので、過去に主流であったIDEよりも安い傾向にあります。HDDはコピーをすれば完了とならない場合があります。時にはコピー元を不要とする利用目的もあり、専門業者ではデータの完全消去を行ってくれるサービスも存在します。